芝川    -暗渠の痕跡と街の発展- 

発展:1.物事の勢いなどが伸び広がって盛んになること。物事が、より進んだ段階に移っていくこと。「経済が―する」「大事件に―する」 2.異性関係や遊蕩について、活動の範囲を広めること。「だいぶご―のようですね」・・・goo辞書より抜粋




【埼玉県内に存在する、(まあまあ)著名な河川の源流部を探ろう!】というシリーズを立ち上げました。見沼の排水路である『芝川』の源流部を辿っております。
前回は、『坊の下堀』の源流部、正式には『芝川都市下水路』源流部に注ぐ支流を辿りました。今回は、上流部左岸に注ぐ二つの支流を紹介致します。


■末広三丁目支流(仮)

『坊の下堀』は、本流もそうですが直線的な流れが多く、人工的な用排水路であることが伺えます。この末広三丁目を流れる支流も『坊の下堀』に向かう一条の直線的な流れです。
始まりはこのあたりでしょうか。

IMG_20170319_150850.jpg

流れが自然流化していくためには、上流部が下流部よりも高い位置になければいけないのですが、この流れの始まる箇所は、明らかに道路面等よりも高位にあり、ここに接続するであろう上流の存在を否定しているように見受けられます。

最上流部から最短で且つ直線的に流れは進みます。

IMG_20170319_150525.jpg

IMG_20170319_150347.jpg

IMG_20170319_150359.jpg

最終的には、『坊の下堀』の開渠部に合流します。

IMG_20170319_150219.jpg

P410049.jpg


■末広二丁目支流(仮)

こちらの流れも直線的です。
ですが、この支流は桶川・上尾市境の近くを流れています。もしかすると、元々の流れは市境のように入り組んだものだったのかもしれません。
始まりは下の写真に写る車留めの位置からです。

P410045.jpg

しばらく蓋暗渠が続きます。

P410043.jpg

P410041.jpg

正面の駐車場前で分岐しており、直進する流れは駐車場を抜けて住宅の隙間を進んでいきます。

P410040.jpg

次のブロックの先で住宅群をクランクに進んでいきます。クランクの小さな曲折部には結構古めのマンホールがあります。

P410039.jpg

市境のように南東に折れることなく、最短距離で『坊の下堀』に合流します。

P410037.jpg

P410036.jpg

一方、左折する流れは、左折後しばらく直進した後、

P417010.jpg

和菓子屋の角を右折し、

P417009.jpg

一本橋の袂で『坊の下堀』左岸に合流します。

P417008.jpg

P417007一本橋

一本橋の意匠は“一本の木”なんでしょうね。

桶川市内は、比較的暗渠としての痕跡を残しているので辿りやすかったりするのですが、上尾市内は舗装を施してあったりしていて、痕跡を探しても見つけられないことがあります。もう何年か経過すると、桶川市内でも難しくなるんでしょうね。その分、暮らしやすい街に発展しているとイイのですが...。

 ※芝川源流部地図・・・クリックしてご覧下さい。

注)拙ブログにて紹介しております流路地図は、拙ブログに記載している内容をご理解いただくための補助資料として用意しております。第三者に提供したり、共有したりすることを想定して制作しておりません。私的な探究心の備忘録としてご覧願えれば幸いです。

本文中にてご紹介する人物(キャラ等も含む)は、原則として、敬称を略すことで統一しております。しかし、ちゃらんぽらんな性格故、この原則は必然的になし崩しとなる可能性が高いものとご認識下さい。
スポンサーサイト

Posted on 2017/04/26 Wed. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

芝川    -本物を凌駕する本物ではないモノ- 

本物:1.にせものや作りものでない、本当のもの。また、本当のこと。「―の真珠」「―の情報」 2.見せかけでなく実質を備えていること。本格的であること。「彼の技量は―だ」・・・goo辞書より抜粋



【埼玉県内に存在する、(まあまあ)著名な河川の源流部を探ろう!】というシリーズを立ち上げました。見沼の排水路である『芝川』の源流部を辿っております。
今回からは、『坊の下堀』の源流部、正式には『芝川都市下水路』に注ぐ支流を辿ることに致します。まずは、最も上流にある支流を紹介します。桶川市西に開渠部を持つその支流を『西支流(仮)』と呼ぶことにします。

添付の地図を見ていただいてもおわかりの通り、カクカクとした流れで人工的です。例によって、桶川・北本市境を流れる『高野戸川』の支流とは至近の距離にあります。

源流部MAP2

辿ることができた最上流部はこちらです。

P402001.jpg

流れは北東方向に進み、中山道を目指していきます。途中に農機具を取り扱う会社があり、この地区の主産業のひとつが農業だった(現在もちょっと駅周辺から離れれば農地がありますが....)ことが伺えます。しかし、第一次産業の衰退が叫ばれて久しく、農機具の製造販売だけでは厳しくなったのか、社有地の一部をショッピングセンターに転用しています。

P402007.jpg

このショッピングセンターの敷地内を開渠で通過し、中山道に至ります。

P402006.jpg

残念ながら水の流れはありませんでした。この流れは雨水の排出に用いられているのかもしれません。

P402008.jpg

フェンスの色が白色で緑ではないことが新鮮です。
中山道を南下していくとドラッグストアの前に鉄の蓋が現れます。ここで直角に流れは曲がり、北東に進みます。周囲の水流も集まるのでしょうか、今までよりも幅が拡がっています。

P402009.jpg

P402010.jpg

流れは住宅地を進んでいきます。

P402012.jpg

P402013.jpg

やがて、県道12号川越栗橋線を越えて少し進むと南西に向きを変えます。

P402015.jpg

P402017.jpg

国道17号線と並行して南西に進むと、現在では珍しくなったバッティングセンターの脇を通ります。

P402022桶川バッティングセンター

表の構えはバッティングセンターっぽくないのですが、裏に回ると従来からあるバッティングセンターの眺めなので、ちょっと安心します。

P402020桶川バッティングセンター

P402019桶川バッティングセンター

バッティングセンターの前を通過する道には、この流れの上に橋が架けられています。

P402021橋の遺構

P402023橋の遺構

欄干が低く橋柱もないので、思わず見落としてしまいそうな橋の遺構です。この橋を過ぎると暗渠の上に被せられている蓋の幅がさらに広がります。

P402025.jpg

さらに南西に進むと、橋の位置から150~160m程度でしょうか、本当に細い支流が合流します。

P402026支流

この支流を辿れる範囲で上流に進んだ地点がこちらです。

P402040支流

よくぞ残っていたな、と感心してしまう幅の狭さです。眼に見える支流や見えないものも含めて、たくさんの水流を集めて排水している流れが『芝川』やその支流群なのだ、と今さらのように気付かされます。

この後、流れは北東に向きを変え、

P402029.jpg

蓋の幅をさらに拡大させて、

P402028.jpg

国道17号線を越え、

P402033.jpg

以前紹介した「まなび橋」の袂で『坊の下堀』右岸に合流します。

P402034.jpg

P402035.jpg

P402036.jpg


源流部の位置は本流よりも上流に位置しているし、合流部の蓋暗渠の蓋の幅にしてもはるかに本流よりも広くて立派に見えます。そういう意味で、本流である『坊の下堀』よりも本流っぽい『西支流(仮)』であろうかと思いますが、この偽物のクセに本物よりも本物である感じが実にイイです。
特撮には特撮の良さがありますし、カニかまにはカニかまの得も言われぬチープなウマさがあります。北京オリンピック前の中国に行ったとき、靴屋の店頭に“abidas”や“mike”というロゴのスニーカーがありました。雑貨屋では中華包丁に“川崎ステニレス”と銘打ってありました。買ってこなかったことを物凄く後悔したものです。
西尾維新の「偽物語」では、貝木泥舟(かいきでいしゅう)が《偽物の方が圧倒的に価値がある。そこに本物になろうという意思があるだけ、偽物の方が本物よりも本物だ》と語る件りがあります。
『西支流(仮)』が本物になりたがっているのかどうかはさておき、その存在観を素直に受け入れてしまう独特の魅力があることは確かです。

 ※芝川源流部地図・・・クリックしてご覧下さい。

先日(正確には4月13日)、皆様から拙ブログ記事にいただきました拍手が100件に到達致しました。このような高い評価をいただく程のものでないことは重々承知している次第なのですが、存外うれしかったりするのものでして、今後に向けたとても良いモチベーション・アップとなりました。感謝申し上げます。

注)拙ブログにて紹介しております流路地図は、拙ブログに記載している内容をご理解いただくための補助資料として用意しております。第三者に提供したり、共有したりすることを想定して制作しておりません。私的な探究心の備忘録としてご覧願えれば幸いです。

本文中にてご紹介する人物(キャラ等も含む)は、原則として、敬称を略すことで統一しております。しかし、ちゃらんぽらんな性格故、この原則は必然的になし崩しとなる可能性が高いものとご認識下さい。

Posted on 2017/04/19 Wed. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

芝川    -待ちに待った楽しみを奪う無粋な雨模様- 

無粋:世態・人情、特に男女の間の微妙な情のやりとりに通じていないこと。また、そのさま。遊びのわからないさま、面白味のないさまなどにもいう。やぼ。「―なことを言う」「―な客」⇔粋。・・・goo辞書より抜粋



【埼玉県内に存在する、(まあまあ)著名な河川の源流部を探ろう!】というシリーズを立ち上げました。見沼の排水路である『芝川』の源流部を辿っております。

水も温む春爛漫といった季節になりました。今年は桜の開花も遅めとなり、花見を心待ちにしていた方々は、開花宣言を今か今かと待ち焦がれていたことと思います。ようやく満開となりましたので、今回は『芝川』沿いの桜を紹介致します。

■上平公園(かみひらこうえん)

「上平公園」は『中悪水』の暗渠が通過する公園です。公園内に上尾市民球場を擁しています。たまに西武ライオンズのイースタン・リーグ公式戦や全国高等学校野球選手権埼玉大会などが催されますが、基本は草野球(敬意を込めてこのように記すもので、アマチュア野球を貶めるものではありません)に利用されることが多い球場です。
そういえば、本年からはベースボール・チャレンジ・リーグの武蔵ヒートベアーズが公式戦を開催する予定になっているはずです。小林宏(春日部共栄→千葉ロッテマリーンズ・阪神タイガース・西武ライオンズ等)が監督を務めているので、ちょっと楽しみにしています。

IMG_20170409_122338上平公園

IMG_20170409_122712上平公園

IMG_20170409_123015上平公園


■上尾市立東小学校脇

上尾市上尾村にある上尾市立東小学校の脇の桜です。

P409004上尾市立東小学校脇

P409006上尾市立東小学校脇

「一本杉橋」の南側に位置しており、『坊の下堀:芝川都市下水路』と『中悪水』との合流点のすぐ下流にあります。

P409008.jpg

P409007一本杉橋

欄干にデザインされた“一本杉”がユニークです。


■上尾市文化センター脇

上尾市二ツ宮にある文化センターの脇です。大小ホール他集会室や展示室、多目的室、リハーサル室、楽屋などがある施設で、多目的用途に対応している施設の脇に咲く桜です。

P409001上尾市文化センター脇

P409003上尾市文化センター脇

川の湾曲具合や桜と菜の花が咲き競っている様がとても綺麗です。

いずれの桜も4月9日(日)に撮影しております。この週末は残念ながら雨模様となり、花見(と称する酒宴)には不適な天候で、見頃を迎えるのが例年になく遅かった上に傘必携の夜桜見物となってしまいました。どうせ手に持つなら酒瓶とツマミがいいのに、と年甲斐もなく駄々をこねる往生際の悪さに、自分でも呆れてしまいます。

 ※芝川源流部地図・・・クリックしてご覧下さい。

注)拙ブログにて紹介しております流路地図は、拙ブログに記載している内容をご理解いただくための補助資料として用意しております。第三者に提供したり、共有したりすることを想定して制作しておりません。私的な探究心の備忘録としてご覧願えれば幸いです。

本文中にてご紹介する人物(キャラ等も含む)は、原則として、敬称を略すことで統一しております。しかし、ちゃらんぽらんな性格故、この原則は必然的になし崩しとなる可能性が高いものとご認識下さい。

Posted on 2017/04/12 Wed. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

芝川    -散策のささやかな楽しみは橋の意匠- 

意匠:1.絵画・詩文や催し物などで、工夫をめぐらすこと。趣向。「舞台照明に―を凝らす」 2.美術・工芸・工業製品などで、その形・色・模様・配置などについて加える装飾上の工夫。デザイン・・・goo辞書より抜粋



【埼玉県内に存在する、(まあまあ)著名な河川の源流部を探ろう!】というシリーズを立ち上げました。見沼の排水路である『芝川』の源流部を辿っております。
今回は、『坊の下堀』の源流部、正式には『芝川都市下水路』を辿ることに致します。

今回久しぶりに『坊の下堀』の周辺を辿ってみて思ったことは、『藤右衛門川(谷田川)』の際もそうでしたが、平地を流れる排水機能をもった河川の周囲は支流が多くて困る、ということです。田圃だったんでしょうか、用水路網を想像すると“見るものすべて暗渠”という状況に陥る可能性が大変高く、暗渠愛好家としては大変困惑する次第なのです。

さらに、この土地の独自性として、狭い範囲に『荒川』水系と『中川』水系の源流部が存在しており、流れの方向性を確認しにくい暗渠では、間違った辿り方をしてしまう可能性が極めて高い、という初心者には決して優しくない仕様に恐れ慄く事態なのです。土地の標高差がほぼ平らに見えるため、一見では流れの方向性は不明瞭です。
しかし幸いなことに、『坊の下堀』やその支流群は、農業用水路として整備されているため、その流路は直線的に改正されており、丁寧に観察すればその方向性を間違えることのない様になっています。『中川』水系にあたる『高野戸川』の支流は、流路の整備はなされていなかったりするので、こちらも精緻に観察すれば何とかなるものです。
でもやっぱり、至近距離に開渠があったら流路の継続を疑いますので、間違える可能性は高いですね。

IMG_20170319_145046.jpg

ちなみに、上掲の写真に写る開渠は『高野戸川』の支流で、『芝川』水系のものではありません。この『高野戸川』支流の開渠が『坊の下堀』の源流部から300m足らずのところにあることが、もうある種のイジメのような仕様です。この開渠の手前側にある暗渠部から測れば150~160m程度の距離でしかないのですから....。

『坊の下堀』は、Wikipediaを参照しても“桶川市末広を発する流れ”とあるのみで、“湧水”などという表現はありません。しかし、単純な一本の流路であるとも記していないところがミソだったりするので、油断大敵だったりします。
『藤右衛門川(谷田川)』のときもそうでしたが、複数の支流・支川が合流して流れを形成していきますので、規模の違いこそあれ、今回も同様な状況だと想像しておりました。何回も記して恐縮ですが、今回の『坊の下堀』と『藤右衛門川(谷田川)』の大きな違いは、土地の標高差にあります。『芝川』は上流から下流まで本当に平らです。実にミスを犯しやすい地域事情といえます。
実際、他のブログでは、源流部を後述の『高野戸川』の支流と混同する例がありましたので、気をつけて臨まなくてはなりません。

源流部MAP

当ブログでリンクしている地図では、『芝川』水系は青を基調としたラインにしており、『中川』水系の『高野戸川』の支流は赤を基調としたラインにしてあります。地図を参照していただくと一目瞭然なのですが、その源流部は至近の位置にあり、混同するのも無理からぬものであったりするので、本当に困りものです。

前置きが長くなりました。支流群の紹介は次回以降に譲るとして、今回のテーマである『坊の下堀』の源流部から開渠部へ至るまでを追いかけていきましょう。
『坊の下堀』の源流部は、下のゴミ置場でした。

P319058源流部

ここから南西方向に向かって直線的に進んでいきます。

P319055.jpg

P319051.jpg

もう少しで国道17号線に遭遇する、というところで直角に曲がり、国道と併行するかのように東南に進みます。

P319049.jpg

P319046.jpg

200mにも満たない距離を行くと、暗渠から開渠へと変わり、片側しか欄干がない「まなび橋」に至ります。橋の架かる通りの両端には、桶川小学校や桶川東小学校・中学校があり、通学路になっていたりするのでしょうか。

P319045学び橋

“学び”にかけて橋柱が鉛筆に、欄干が本になっています。以降、『坊の下堀』開渠部に架かる橋の意匠は、このように橋の名称に因んだものになっているので、橋を見ることも楽しみのひとつになることと思います。陽気も穏やかになっていく時機ですし、散策がてら、橋のデザインを眺めつつ、その名称を当ててみるのも楽しいと思いますよ。

 ※芝川源流部地図・・・クリックしてご覧下さい。

注)拙ブログにて紹介しております流路地図は、拙ブログに記載している内容をご理解いただくための補助資料として用意しております。第三者に提供したり、共有したりすることを想定して制作しておりません。私的な探究心の備忘録としてご覧願えれば幸いです。

本文中にてご紹介する人物(キャラ等も含む)は、原則として、敬称を略すことで統一しております。しかし、ちゃらんぽらんな性格故、この原則は必然的になし崩しとなる可能性が高いものとご認識下さい。

Posted on 2017/04/05 Wed. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

芝川    -満足感の得られた遺構群- 

満足:1.心にかなって不平不満のないこと。心が満ち足りること。また、そのさま。「―な(の)ようす」「今の生活に―している」 2.十分であること。申し分のないこと。また、そのさま。「―な答え」「料理も―にできない」 3.数学で、ある条件を満たしていること。・・・goo辞書より抜粋



【埼玉県内に存在する、(まあまあ)著名な河川の源流部を探ろう!】というシリーズを立ち上げました。見沼の排水路である『芝川』の源流部を辿っております。
今回は、「武蔵国郡村誌」の上尾宿の部分にある『中悪水』の源流部付近に合流してくる支流を辿ることに致します。


■坂田支流(仮)

一見すると源流部はこちらではないのか、と思わせるような、最上流部の流れです。もしかすると、周辺地区の雨水や生活排水等を流すために造られた人工的な流れなのかもしれません。

始まりはこのあたりです。

P101028坂田支流開始部

県道311号蓮田鴻巣線の加納小学校前交差点にほど近いあたりです。南に進む流れは、周りの生活排水等を集めていきます。

P101026坂田支流

左折して未舗装の道の下を進み、

P101025坂田支流

やがて蓋暗渠となります。

P101023坂田支流蓋暗渠開始部

車留めで厳重に護られた蓋暗渠は東南に進み、公道らしきところで右折して西に方向を変えます。この公道を跨ぐ部分には橋の遺構が残っております。

P101020坂田支流橋

西に進む蓋暗渠は竹藪の先で左折し、開渠になります。水の流れていないことが残念です。

P101014坂田支流開渠部

さらに、流れ(水が流れていない開渠で“流れ”というのも変ですが)は素掘りの溝となり、S字を描くようにクネっていきます。

P101015坂田支流素堀部

P101016坂田支流素堀部

この素掘りの箇所は、私有地内なのかもしれません。よく残っていたものだと感心致します。その後、再び道路下を暗渠として流れは進みます。

P101012坂田支流

蓋暗渠となって、尚も南に進んでいきます。

P101011坂田支流

竹藪で左折し、東方向に向きを変えます。

P101010坂田支流

民家を巻くように向きを変えて進み、

P101008坂田支流

道路を渡り、

P101006坂田支流

東方向に左折して、『中悪水』へと合流していきます。

P101004.jpg

短い暗渠ですが、橋の遺構や素掘りの区間もあり、結構楽しい行程です。残念ながら、道路工事など周辺の開発が進んでいますので、暗渠も変化してしまうものと思われます。いつまでこの姿が維持されるのかもわかりませんが、開渠だった頃を偲ばせる流れといえます。


■坂田東支流(仮)

こちらは、畑の真ん中にある暗渠です。

P327004.jpg

流れの始まる箇所がよくわからない状況で、暗渠であることが確認できたのは下の写真の位置からです。

P327001.jpg

蓋暗渠は畑の中でクランクに曲がって進み、

P327003.jpg

やがて東側に方向を変えて、『中悪水』に向かい左折(東進)していきます。

P327005.jpg

道路をひとつ越えていきます。道路の舗装部分が暗渠の幅にひび割れているので、通過箇所がわかりやすいですね。

P327010.jpg

『中悪水』開渠が曲がる部分に合流します。

P327013.jpg

『中悪水』のはじまりは、Wikipedeaには“湧水”とありますが、現状で見ると、源流部周辺地区の雨水や生活排水等を集めて流れが始まっているようです。それらしい湧水箇所がみつけられず残念ですが、開発によって湧水が枯れてしまうこともあり得ますので、源流部の状況変化は仕方のないことなのでしょう。まあ、今回は素掘りであったり、橋の遺構が見れただけでも感動モノでしたので、個人的には十分満足感が得られた散策でした。

 ※芝川源流部地図・・・クリックしてご覧下さい。

注)拙ブログにて紹介しております流路地図は、拙ブログに記載している内容をご理解いただくための補助資料として用意しております。第三者に提供したり、共有したりすることを想定して制作しておりません。私的な探究心の備忘録としてご覧願えれば幸いです。

本文中にてご紹介する人物(キャラ等も含む)は、原則として、敬称を略すことで統一しております。しかし、ちゃらんぽらんな性格故、この原則は必然的になし崩しとなる可能性が高いものとご認識下さい。

Posted on 2017/03/29 Wed. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

2017-04