東武啓志線    -無上の喜びをもたらす至福の地- 

至福:この上もない幸せ。「至福の時」・・・goo辞書より抜粋




練馬区の“光が丘”周辺から『白子川』に注ぐ支流を辿るシリーズを勢いで始めてしまいました。勢いついでに、前回に引き続いてオマケ第二弾を追加致します。
“光が丘”といえば、旧グラントハイツ。グラントハイツといえば『東武啓志線』というものです。

『東武啓志線』とは、グラントハイツに建設された駐留アメリカ軍上級士官住宅の居住者、関係者の人員輸送、物資輸送のため、上板橋駅~ グラントハイツ駅(旧啓志駅)間を結ぶ東武鉄道が運営していた鉄道路線のことです。
“啓志”線の名称は、グラントハイツ建設工事総責任者のケーシー(Hugh John Casey)中尉の名前からきています。

『東武啓志線』を採り上げることに関しては、ここの最後の方(・・・クリック!)でかつて宣言していたのですが、時間が空いてしまいました。
今回、無事に伏線回収というか、約束の履行ができてホッとしている次第です。

本題に戻りましょう。
『東武啓志線』は、その総延長6.3km、上板橋駅からグラントハイツ駅(旧啓志駅)間の操業を始めから行っていた訳ではありません。最初(1943年;昭和18年)は、上板橋駅から陸軍第一造兵廠構内(東京第一陸軍造兵廠練馬倉庫に所在。現在の陸上自衛隊練馬駐屯地内)間の運行を行います。その後終戦を迎え、GHQにより啓志駅までの延伸と運行が命じられ、『東武啓志線』として、1946年(昭和21年)に操業しています。その際、陸軍第一造兵廠構内駅を練馬倉庫駅に改称し、翌1947年(昭和22年)グラントハイツ完成後、啓志駅をグラントハイツ駅に改称しています。

啓志線航空写真S22

1947年(昭和22年)の航空写真による『東武啓志線』の軌道です。赤い線が区境(板橋区と練馬区)です。
同様に、練馬区の地図も掲載しておきます。

東武啓志線MAP

こちらは、練馬区の地図なため、起点である上板橋駅が見切れてしまっていますがお許し下さい。
それでは、上板橋駅から順を追って辿ってみましょう。

IMG_20171001_162948.jpg

IMG_20171001_163348.jpg

上掲の線路の写真が現在の上板橋駅のものなのですが、おそらく向かって左側の下り線を利用して『東武啓志線』が設けられていたと思われます。

しばらくの間、東武東上線と並行した後、左に逸れていきます。東武東上線との分岐点にはマンションが建っています。

IMG_20171001_162259.jpg

IMG_20171001_162019.jpg

マンションを抜けると住宅地を通過します。廃線後60年近く経過しているため(1959年;昭和34年廃線)、軌道はすっかり宅地化しています。しかし、部分的に当時の軌道のまま敷地を利用した建築物があり、他のものと明らかに建物の向きが異なるので、ここを通過していたんだろうな、という推定ができます。

東武啓志線MAP2

例えば上掲の地図に赤丸で囲んだ建物は、明らかに周辺と向きが異なっています。

IMG_20171001_161645.jpg

IMG_20171001_161456.jpg

さらに追加すると、この変則的な建物の茶色いビルのあたりを『田柄用水』が流れていたと思われます。
『東武啓志線』は、この後、『田柄川』(横断歩道部分)を通過します。『田柄川』及び『田柄用水』については、改めて紹介する機会を設けますのでお待ち下さい。

IMG_20171001_161213.jpg

国道254号線(川越街道)を越えていきます。

IMG_20171001_161027.jpg

再び、軌道上の敷地を利用して建てられたと思われるアパートを通過し、

東武啓志線MAP3

IMG_20171001_160812.jpg

現在も畑となっているあたりを進みます。

IMG_20171001_160506.jpg

この畑のそばに踏切があって、練馬区の広報誌にその写真が載っていました。練馬区のHPに同様のものがありましたので、そちら(踏切写真・・・クリック!)をご確認下さい。

『東武啓志線』は、練馬区北町陸橋西交差点付近を抜けて、

IMG_20171001_154812.jpg

現在の陸上自衛隊練馬駐屯地(旧陸軍第一造兵廠)を通過します。

IMG_20171001_153641.jpg

IMG_20171001_153338.jpg

この練馬駐屯地内に「陸軍第一造兵廠構内駅(その後、練馬倉庫駅に改称)」がありました。
北町こぶし緑地という小さな公園近辺から練馬駐屯地の敷地を出た『東武啓志線』は、

IMG_20171001_152758.jpg

再び、『田柄川』を渡ります。

PA01052.jpg

通過地点は、国道17号線「新大宮バイパス」の延伸道路が建設中で、軌道や川跡などを呑みこんでしまっています。
この後、『東武啓志線』は、終点の「啓志駅」手前での支線分岐まで『田柄川』と『田柄用水』に挟まれた箇所を通過していきます。
練馬区北保健相談所近辺で東京メトロ有楽町線と交差し、

PA01049.jpg

田柄中央児童公園(通称クジラ公園)の西側あたりで支線が分岐していきます。

クジラ公園

最も北側の支線は、光が丘公園の軟式野球場のそばの食品卸の会社近辺に、

PA01022.jpg

次に北側の支線は、都立田柄高等学校の敷地を通過して田柄西公園の辺りまで進みます。
啓志駅(グラントハイツ駅)は、グラントハイツ内に設けられた複数の支線内で移転しており、正確な時期は不明ですが、最初は、現在の田柄高校前交差点の近辺にあったものが、その北側のコンビニ付近に移ったようです。
おそらく、移転後の「啓志駅」はこの支線に設けられたものと推測されます。

PA01024.jpg

その次の支線たちは都立田柄高等学校の敷地内あるいはそこを抜けて、都営光が丘第三アパートの辺りに、

PA01020.jpg

最も短い支線には駅が設けられていました。「啓志駅」が田柄高校前交差点(都立田柄高等学校の東側)にあったことは先にふれた通りです。

PA01027.jpg

この田柄高校前交差点から『田柄川』の暗渠が整備されて、「田柄川緑道」が始まります。
最も南側の支線は、今は統合されてしまいました練馬区立光が丘第七小学校の敷地内まで伸びていました。

PA01003.jpg

PA01002.jpg

まだ、廃河川などの暗渠道を散策する前の段階で、廃鉄巡りをしていた当時、都内にあってアクセスも良く、ところどころにその痕跡を残していた『東武啓志線』を辿っていると、その軌道上ばかりを歩ける訳ではないので、どうしても「田柄川緑道」を歩くようになります。『東武啓志線』を辿るといっても、実際には『田柄川』を歩いていることになっていた訳です。

PA01025.jpg

PA01051.jpg

その当時は、川跡に全く興味もなかったのですが、今こうして廃鉄も廃河川も同じように愛おしく思える状態であると、この『東武啓志線』の軌道は、廃鉄・廃河川愛好者にとっては無上の喜びをもたらす至福の地といえます。ちょっと大げさな表現ですが、気分的にはそういう感じです。

 ※東武啓志線地図・・・クリックしてご覧下さい。

注)拙ブログにて紹介しております流路地図は、拙ブログに記載している内容をご理解いただくための補助資料として用意しております。第三者に提供したり、共有したりすることを想定して制作しておりません。私的な探究心の備忘録としてご覧願えれば幸いです。

本文中にてご紹介する人物(キャラ等も含む)は、原則として、敬称を略すことで統一しております。しかし、ちゃらんぽらんな性格故、この原則は必然的になし崩しとなる可能性が高いものとご認識下さい。
スポンサーサイト

Posted on 2017/10/18 Wed. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

白子川支流    -そういえばジャガイモ不足解消、何よりでした- 

不足:1.足りないこと。十分でないこと。また、その箇所や、そのさま。「不足を補う」「学力が不足だ」「料金が不足する」 2.満足でないこと。また、そのさま。不満。「対戦相手として不足はない」「思いどおりにならず不足な顔をする」・・・goo辞書より抜粋




練馬区の“光が丘”周辺から『白子川』に注ぐ支流を辿るシリーズを勢いで始めてしまいましたが、勢いついでにオマケを追加することに致しました。
練馬区の“光が丘”ではなく、お隣りの板橋区赤塚から始まり、『百々向川』と並行するように流れる川を紹介します。
その流れは『小井戸(こいど)川』といって、『百々向川』と同じで『白子川分流』に注ぐ小さな流れです。
今回の『小井戸川』は最上流部を探すことが楽しみな流れでしたので、紹介も下流から上流に向けて行うように致します。正直なところ、辿っていて久しぶりにワクワクしたものですから、この感動をお伝えするよう、努力してみます。
紹介は下流から上流側に辿っていきますが、特に断りを入れない限り、写真は上流から下流を眺めるように撮影してあります。

『小井戸川』の合流部は、『百々向川』の合流部の400mくらい北東側で、ちょうど、ポテチで有名な株式会社湖池屋さんが真ん中にあるような位置関係です。

P924027.jpg

『白子川分流』と合流する箇所は自転車だらけでした。この合流部は緑道になっています。

P924029.jpg

P924028.jpg

緑道の表示が“こいど川”になっているのは、『白子川』の旧名が『小井戸(おいど)川』というらしく、紛らわしかったのではないかと思われるのですが、『おいど川』の名を知っていらっしゃる方も相当希少なので、混乱も小さいのではないのかな、と思ったりもします。

P924032.jpg

緑道は100m程度で終了し、一般道の下に流れは移ります。歩道部分に流れがあったのだろうと思います。

P924033.jpg

道路の反対側に移ります。

P924034.jpg

住宅地を流れていきます。

P924036.jpg

P924038.jpg

やがて歩道がなくなります。

P924044.jpg

P924043.jpg

さらに進むと、細い路から幅員の広い道路に変わります。

P924046.jpg

この後流れは都内には貴重な畑の中を通過して、道路から離れてしまいます。

P924048.jpg

畑を通過した流れの上流部は、「上赤塚公園」と冠婚葬祭場の間を流れます。元々の高度というか、地型を修正する前はこんな低い位置を流れていたのかと思うと、ちょっとびっくりします。

P924047.jpg

上掲の写真は下流側から撮ったもので、下の写真は上流側からの撮影です。

P924049.jpg

上流側から撮影した地点の反対側(下流側から撮影)はこの隙間のようになっていて、この部分に流れがあります。

P924050.jpg

このブロックの上流側はアパートの入口になっています。

P924051.jpg

アパートの入口部の反対側(下流側からの見た目)は、工事中のため養生壁で中が確認できません。

P924052.jpg

錆びた鉄板に囲われた箇所の左隣りあたりに流れがあったのでしょう。明らかな谷地形であることがわかります。

P924054.jpg

このブロックの上流側の道路もうっすらとですが谷地形が見てとれます。

P924056.jpg

この道路のV字部の下流側は、駐車場脇の蓋暗渠です。

P924058.jpg

V字部の上流側(下流側から撮影)は、駐車場のアパートとの境界部でしょう。

P924057.jpg

いずれもマンホールがあって、わかりやすい仕様です。
駐車場とアパートとの境界部の上流側は民家の隙間で、鉄板が敷かれています。

P924061.jpg

自転車置き場になっている箇所です。
この上流側を下流の方向から眺めると、車留めがあってマンションの敷地内を進んでいるようです。

P924062.jpg

上流側に回り込んで見た図がこんな感じです。

P924064.jpg

道路にもV字の谷地形は見られなくなっています。
このマンションあたりが最上流部なのかと思い、敷地内を辿れないことが残念だと諦めかけていたのですが、とりあえず植栽の陰を確認すると、

P924065.jpg

小さなマンホールを発見!
流れは、ここまで来ていました。

P924066.jpg

カメラだけを挿し込んで撮影しているので、ちょっと変な構図になっていますが、一応水路敷のようです。この先も暗渠は続くのかもしれませんが、確信が得られるような痕跡がなく、どうやらここが辿ることのできる最上流部のようです。

P924063.jpg

気がつくと、赤塚五丁目西交差点のすぐ東側まで来ていました。
1km程度の短い川ですが、なかなか散策することの楽しい川でした。

冒頭でふれた株式会社湖池屋さんに限らず、国内産ジャガイモの不足によって、本年4月に入り、ポテトチップスの販売を休止する大手菓子メーカーが相次ぎました。翌5月には、農水省によって芋不足の解消が宣言され、大きな混乱はなかったかと思われますが、いつもあるものが手に入らないという、当たり前の否定に様々な思いが交錯したように感じます。
株式会社湖池屋さんが、国内産原料100%で展開していたことを知るいいきっかけになりましたし、他のメーカーにおいても、代替用の外国産が基準に満たないため使用を諦めるなど、その良心というかモノづくりの厳しさを改めて教えていただきました。
今回は、比較的早期に不足の解消が明示され、混乱を避けられたかに思います。本当に何よりではないでしょうか。

 ※白子川支流地図・・・クリックしてご覧下さい。

注)拙ブログにて紹介しております流路地図は、拙ブログに記載している内容をご理解いただくための補助資料として用意しております。第三者に提供したり、共有したりすることを想定して制作しておりません。私的な探究心の備忘録としてご覧願えれば幸いです。

本文中にてご紹介する人物(キャラ等も含む)は、原則として、敬称を略すことで統一しております。しかし、ちゃらんぽらんな性格故、この原則は必然的になし崩しとなる可能性が高いものとご認識下さい。

Posted on 2017/10/11 Wed. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

白子川支流    -不謹慎な想像! 世界観の冒瀆?- 

世界観:世界およびその中で生きている人間に対して、人間のありかたという点からみた統一的な解釈、意義づけ。知的なものにとどまらず、情意的な評価が加わり、人生観よりも含むものが大きい。楽天主義・厭世主義・宿命論・宗教的世界観・道徳的世界観などの立場がある。・・・goo辞書より抜粋




練馬区の“光が丘”周辺から『白子川』に注ぐ支流を辿るシリーズを始めました。
前回と今回の二回は、“光が丘”周辺から『白子川』に注ぐ支流としては最も有名なものであろう『百々向川(すずむきがわ)』を採り上げております。

前半部で、国道254号線:川越街道付近まで辿ってきました『百々向川』ですが、後半部では、一気に『白子川分流』への合流点まで進めてしまいます。

P903036.jpg

「小治兵衛窪」の幅員の広い道路脇を抜ける『百々向川』は、暗渠道を北へ進みます。

P903037.jpg

P903038.jpg

東武東上線を潜り、

P903042.jpg

取って付けたような遊歩道状の部分を進み、

P903045.jpg

土盛りがしてあったことがわかる落差を通過(実際の流れは滝のように落ち込んでいた訳ではないでしょうが)し、

P903048.jpg

P903050.jpg

成増公園の傍らを通って成増駅北口の西友に至ります。

P903053.jpg

P903054.jpg

自分が子供の頃は、この西友を迂回するように蓋暗渠がクネクネと廻っていたのですが、平成の現在の世にそのようなものはなく、小奇麗になってしまった駅前に驚いてしまいました。もっと谷底感があったんですけど、今見るとそうでもないですね。

P924004.jpg

西友ができる前は、西友の敷地の真ん中を通過していたであろう流れを想像しつつ、蓋暗渠時代の流れって結構深く低い位置を流れていたんだろうな、などと感想を持った次第です。

成増駅前航空写真(S22)

実際、1947年(昭和22年)の航空写真を見ると、流れは成増駅から少し離れたところを通過しているように見えます。
しかし、地形の修正によって感覚が狂わされてしまうのが実に困りものですね。最初から流れの位置を知っていても不自然で違和感がぬぐえません。

P924007.jpg

登り坂の先には下りの急階段が待っています。

P924006.jpg

この階段の先は遊歩道のように整備され、カラータイル舗装になっています。
この先でもアップダウンがあり、

P924009.jpg

P924010.jpg

天神下公園では一般道のすぐ脇を抜けていきます。

P924017.jpg

P924018.jpg

その後は住宅地を抜けていき、

P924019.jpg

P924020.jpg

P924022.jpg

『白子川分流』に至ります。

P924023.jpg

P924024.jpg

P924025.jpg

この『白子川分流』の上流方向、東武東上線を越えた先には、清水かつらの生家跡が「白子橋」のすぐそばにあります。
清水かつらは、ご存知の通り、童謡詩人として名作をいくつも世に送り出しています。先に紹介しました『牛蒡支流(仮)』にてふれました「花岡学院」の講師も務めた方です。
幼い頃、両親の離婚で産みの母と生き別れになったことが原因なのかもしれませんが、関東大震災後、白子村(現和光市)に住むようになり、最寄駅としては成増を利用したためだと思われますが、和光市だけでなく県境を越えて、成増側にも氏を顕彰するモニュメントなどが多くあります。

そんな関係で、成増駅南口には氏の童謡を時刻案内のメロディとする「うたの時計塔」があります。

P924002うたの時計塔

午前8時「みどりのそよ風」、午前10時「靴が鳴る」、正午「雀の学校」、午後2時「あした」、午後4時「叱られて」、午後6時「浜千鳥」のメロディがこの時計塔から流れます。
「浜千鳥」のみ、清水かつらではなく鹿島鳴秋の作だったかと思いますが、それにしても、午前中の童謡が突き抜けたような明るい曲なのに比して、午後のものは悲しい曲調ばかりで、落差が激しいです。

特に、午後2時の「あした」は時勢がら、ちょっと気になってしまいます。

あした(歌詞)

この童謡は、1920年(大正9年)の「少女号第6号(6月号)」に掲載されています。

少女号第6号

お父さんは“あかいお船”で還ってくる、と謡っています。この表現は意味深いものです。
1918年(大正7年)にはアメリカからの呼びかけで“シベリア出兵”を開始した日本ですが、1920年(大正9年)、赤軍パルチザンらによって、極東の拠点となる「尼港(にこう:ニコラエフスク)」で大規模な住民虐殺事件(総人口のおよそ半分、6,000名超の殺害)が起き、日本は事件に巻き込まれてしまいます。駐留日本軍守備隊や日本領事一家だけでなく、日本人居留民の殲滅(731名)によって廃墟と化した、いわゆる「尼港事件」が1920年3~5月に勃発します。
赤軍パルチザンは、ロシア人、朝鮮人、中国人から構成されており、当然国際的批判を浴びていますが、逆に、ソビエト連邦誕生、周辺諸国の共産化へと、追い込まれたかのように急速に進んでいきます。
そんな社会情勢を背景に持つ1920年4月25日に「あした」は作られています。

“あかいお船”は、大漁旗を立てて帰ってくる船を想定している旨を、清水かつら氏の姪である清水惠子さんは情報として提供されています。惠子さんは、かつら氏の弟である清水昇氏から聞いたと言っています。
ですので、童謡としての“あかいお船”は大漁旗をなびかせた漁船なのでしょう。共産圏のイメージカラーで比喩されたお船などとうがった見方をするのは、不謹慎なのかもしれません。ましてや、居留民全滅などという縁起でもない出来事は、童謡の世界観にふさわしくないもので冒涜ものなのでしょう。
でも、何で大漁旗のお船で漁に行っていることで、お母さまは泣いてしまうのでしょうね。

 ※白子川支流地図・・・クリックしてご覧下さい。

注)拙ブログにて紹介しております流路地図は、拙ブログに記載している内容をご理解いただくための補助資料として用意しております。第三者に提供したり、共有したりすることを想定して制作しておりません。私的な探究心の備忘録としてご覧願えれば幸いです。

本文中にてご紹介する人物(キャラ等も含む)は、原則として、敬称を略すことで統一しております。しかし、ちゃらんぽらんな性格故、この原則は必然的になし崩しとなる可能性が高いものとご認識下さい。

Posted on 2017/10/04 Wed. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

白子川支流    -前時代の残り香漂う地の傍観者- 

傍観:手を出さずに、ただそばで見ていること。その物事に関係のない立場で見ていること。「争いを傍観する」「傍観者的な態度」・・・goo辞書より抜粋




練馬区の“光が丘”周辺から『白子川』に注ぐ支流を辿るシリーズを始めました。
今回と次回の二回は、“光が丘”周辺から『白子川』に注ぐ支流としては最も有名なものであろう『百々向川(すずむきがわ)』を採り上げることに致します。

『百々向川』は、“すずむきがわ”あるいは“ずずむきがわ”と呼ばれ、『百々女木川(すずめきがわ)』といわれることもある川です。
現在の板橋区赤塚新町三丁目付近に源流部を持ち、『白子川』の古い流れに合流していました。
流域は、住宅地となっているため地形の修正が激しく、特に、東武東上線成増駅北口付近は大型商業集積の出店時に河道の修正も行われており、事前情報なしにその流路を辿るとそのアップダウンに驚かされます。

百々向川1960MAP

上掲の地図(1960年版東京都市計畫圖 :板橋区)に『百々向川』が載っています。左端の「下赤塚公園」のそばを抜け、「成増公園」の左を通って、北に向かうラインがわかりますでしょうか?

現在の源泉部は細い暗渠道です。

P903010.jpg

おそらくこの周辺の湧水などを集めて流れが始まるのでしょう。地図によっては、もう少し南側から流れが始まるものもあります。
暗渠道を抜けると、下赤塚公園の東側を通過します。

P903014.jpg

P903013.jpg

下赤塚公園の脇から、流れの跡は遊歩道仕様になっています。

P903016.jpg

P903017.jpg

やがて、バンザイをしている銅像のおしりを眺める頃には、遊歩道仕様から板橋区立成増小学校に変わります。

P903018.jpg

P903021.jpg

小学校の敷地の端を通過していた流れは、出口部分にその痕跡らしきものがかろうじて残っている状況となっています。

P903022.jpg

この物置のある位置は植栽もなく、車留め風のガードレールも避けるように、不自然なポールを配してその位置を開けています。おそらくですが、この位置を流れは通過していたのでしょう。
この後、流れは右折して道路を渡り、

P903023.jpg

歩道橋のある箇所で、国道254号線、通称「川越街道」を越えていきます。

P903024.jpg

越えた先には、「小治兵衛窪(おじべえくぼ)庚申尊」があります。

P903031.jpg

この祠に祀られている庚申塔は、上部に青面金剛の座像が刻まれていて、1783年(天明3年)の浅間山噴火と飢饉の犠牲者を供養するために建立されたものだそうです。江戸は、この大噴火によって火山灰の直撃を受ける凄まじいものだったようで、確か、軽井沢の鬼押出しが形成されたのもその時のことだったはずです。

「小治兵衛窪」あるいは「小治兵衛久保」というのは、この辺りの古い地名です。
祠からすぐの場所では、『百々向川』の暗渠道が階段になっています。

P903033.jpg

“窪”と呼ぶのにふさわしい、見事な凹み具合です。
しかも、この階段横の住宅が、実に暗渠感を演出するのにピッタリなデザインというか地型というか、惚れ惚れとしてしまいます。

P903035.jpg

「いたばしの昔ばなし」に載る「橋を作って呉れた盗人小治兵衛」によると、

昔ここを流れていた『百々向川』に一本の丸木橋が架けられていた。とてもさびしい場所で、毎晩のように強盗が出没し、通行人から恐れられていた。
ある朝立派な橋が架け替えられていて、橋の手すりに「たくさんの悪いことをしたので、罪ほろぼしにこの橋を造る。小治兵衛」と書かれた木札が下げられていた。その後は便利になったばかりか強盗も出なくなった。


という話しがあります。
現在は、“さびしい場所”ということもないのでしょうが、都内では珍しい戸建て住宅やアパートタイプの集合住宅が多い、昭和の残り香が漂うような場所ではあります。
そんな場所だから、祠も割と違和感なく保存されているのかもしれません。

江戸時代の災害を機に祀られた青面金剛は、激動の歴史を物言わず眺めてこられたのでしょうけど、どのような感慨をお持ちなのでしょう?
便利さの引換えとして失ったものの大きさについていろいろ問われてしまいそうで、興味もあるのですがそれ以上に解答を用意していない自分には、気後れも感じてしまいます。

 ※白子川支流地図・・・クリックしてご覧下さい。

注)拙ブログにて紹介しております流路地図は、拙ブログに記載している内容をご理解いただくための補助資料として用意しております。第三者に提供したり、共有したりすることを想定して制作しておりません。私的な探究心の備忘録としてご覧願えれば幸いです。

本文中にてご紹介する人物(キャラ等も含む)は、原則として、敬称を略すことで統一しております。しかし、ちゃらんぽらんな性格故、この原則は必然的になし崩しとなる可能性が高いものとご認識下さい。

Posted on 2017/09/27 Wed. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

白子川支流    -先駆者の成功を阻む戦禍- 

先駆者:他人に先立って物事をする人。先覚者。パイオニア。「科学技術の-」・・・goo辞書より抜粋




練馬区の“光が丘”周辺から『白子川』に注ぐ支流を辿るシリーズを始めました。
前回のお約束通り、今回は花岡和雄医師の弟である貿易商の花岡知爾(ともちか)氏にまつわる話を『白子川』の支流とともにご紹介致します。

まずは、1960年(昭和35年)当時の地図(東京都市計畫圖 : 練馬区)に載る流れをご覧下さい。

兎月園支流1960MAP

ほとんど見切れてしまって恐縮ですが、地図下部の斜線部分が旧グラントハイツ(現光が丘公園)に相当する部分でして、その北側から流れが描かれています。
流れが北方向から西方向(左側)に折れる辺りに“兎月園”とあります。今回はこの“兎月園”とそこを流れる支流の紹介です。

“兎月園”とは、かつてあった遊興娯楽施設で、もともとは1921年(大正10年)頃にできた「成増農園」という貸農園(華族や東京府内に住む富裕層のための郊外農園)に人が集まるようになったため、そこに茶店や料亭ができ、その後、ボート遊びのできる池、テニスコート、小動物園、運動場、映画館、露天風呂を備えた浴場などが次々と整備されていきました。特に、料亭は政財界や軍関係者の大物も利用する場所として賑わったそうで、池袋駅から送迎用の車も運行されるほどだったといいます。

ボート遊びのできる池は、現在の光が丘公園内にあった『於玉ヶ池』周辺より始まり、『白子川』に注ぐ流れを堰き止めて造られました。池に注ぐ滝もあり、露天風呂からその滝を眺めることもできたそうです。
『於玉ヶ池』は、連合国軍に接収されグラントハイツが造られた際に埋め立てられ、現在の光が丘公園北交差点付近(元の交番の辺りか)に流れを移し替えられたようです。
『於玉ヶ池』があった(と思われる)ところは、現在、野鳥の聖域として、立入りができないよう囲われています。

P910029.jpg

光が丘公園を抜け出た流れは、民家の間を抜けて北に進みます。

P910034.jpg

1ブロック進んだ先から車は通行不可となり、暗渠道となります。

P910036.jpg

やがて流れは左にカーブし始め、西方向に進路を変えて、練馬区立豊渓中学校の北に出ます。

P910044.jpg

“豊渓”っていかにも水の流れをイメージさせる素敵なネーミングですが、周辺の他中学校の生徒たちからイジメられたりしなかったでしょうかね。ちょっと気にかかります。

本題に戻りましょう。この西に曲がった辺りに、冒頭で説明しました“兎月園”がありました。

P910048.jpg

流れは、緑色の車留めの先に進みますが、直前に横切る通りが「兎月園通り」です。

P910069.jpg

「兎月園通り」には、今も“兎月園”に因んだお菓子を売るお店があったりします。

この「兎月園通り」に面して、“兎月園”の正門や長屋門(赤坂の勝海舟邸より移築。現在は三宝寺に)があり、下の写真を撮影した位置あたりに正門があり、トラックの停まる建物あたりが料亭だったと思われます。

P910068.jpg

やがて暗渠道は歩行不可能となり、流れは小径から草むらへと変わります。

P910050.jpg

この手前の位置に、流れを堰き止めたボート池が設けられていました。
左岸側(すぐの住宅地から豊渓中学校のあたり)はかつての「成増農園」で、後にグラウンドとなり、周辺に催事広場や小動物園、遊具などが整備されていきます。
右岸側には、浴場や料亭などがあり、現在もその建物の一部が残っているそうです。

“兎月園”は、1944年(昭和19年)に閣議決定された「決戦非常措置要綱」により、高級享楽の停止(待合、カフェー、遊郭、劇場などの休業)となり、この頃までには表立っての営業を中止していたようです。
ただし、兎月園の特殊な所は、朝霞に陸軍士官学校があり、高級軍人の利用が頻繁だったことで、戦時中でも軍の宴会が密かに行われ、特攻隊の送別の宴も開かれたといいます。軍が許可をすれば飲食物持ち込みで営業ができたところにあり、戦禍によって通常の営業は困難になっているのに軍の需要には応えなければならない、という、原因を招く組織への貢献が求められる皮肉な状況に、花岡知爾氏はさぞ大変な思いをされたものと思います。

P910053.jpg

当時はなかったであろう階段を下って『兎月園支流(仮)』の流れをなぞっていると、そんなことを考えて勝手に悲しい気分になっております。
“兎月園”のあった場所を抜けた流れは、遊歩道の装いに変わり、『白子川』に向かって進みます。

P910055.jpg

P910058.jpg

このあたりは小刻みなカーブが残っており、かつての川のなごりを感じさせてくれます。
石畳みの遊歩道っぽい造作からカラータイルの舗装に切替ると、間もなく『白子川』との合流点です。

P910060.jpg

源泉部から比べると、ずいぶん低い位置に来たのでしょう。土嚢の準備がされています。

P910066.jpg

合流部は結構な落差があります。

P910062.jpg

P910063.jpg

『兎月園支流(仮)』唯一の開渠部ですね。水流が見られない点が残念です。

花岡和雄・知爾兄弟は、華岡青洲の甥のお孫さんです。華岡青洲は、ご存知の通り、世界で初めて全身麻酔手術を行い、成功しました。欧米での全身麻酔手術に先駆けること、およそ40年前のことです。
先進の気概を持つDNAの継承者であったのかもしれませんが、花岡兄弟は、この光が丘周辺で学校と娯楽施設の経営を司ります。
花岡学院は、ペスタロッチ(スイスの教育実践家)教育の実践を方針として掲げ、“兎月園”は、ほぼ同形態の「豊島園」に2年先駆けて開園しています。
どちらも時代に先駆けたものだったのでしょうが、戦争によって、疎開を余儀なくされる学校、過度な遊興を禁止される娯楽施設として、設立時の方針を全うできない心苦しさを慮ると、時代に翻弄されてしまう悲しみに思いが至ってしまいます。

 ※白子川支流地図・・・クリックしてご覧下さい。

注)拙ブログにて紹介しております流路地図は、拙ブログに記載している内容をご理解いただくための補助資料として用意しております。第三者に提供したり、共有したりすることを想定して制作しておりません。私的な探究心の備忘録としてご覧願えれば幸いです。

本文中にてご紹介する人物(キャラ等も含む)は、原則として、敬称を略すことで統一しております。しかし、ちゃらんぽらんな性格故、この原則は必然的になし崩しとなる可能性が高いものとご認識下さい。

Posted on 2017/09/20 Wed. 00:00 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

2017-10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31